back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2014年2月アーカイブ


046.jpg


西郡友典さんのインタビューをご紹介しています。


ピエブックスから発売された写真集「青い空の日に」を拝見し、お願いしました。

ハルコさんのお姉様が「すごいピュアな感覚、ステキな輝きのある写真集が本屋さんにあったんですよー」と言われまして、「それはもしかしたら西郡さんではないですか??」「そうそう!」という会話をしたという経緯もあります。

フォルマーレは、中村ハルコさんという写真家の作品を世に送り出すのが使命と受け止めていますが、準備調整に時間がかかっております。そういうこともあり、各方面のみなさまにご協力をいただきながら、このサイトを盛り上げていきたいと考えている次第です。


さて、


空ですが、私は、どうしても毎日見上げてしまいます。皆さんはいかがですか?

そのときにいろんな感情、思いがこみ上げてきて、ただただ嬉しくなったり、妙に悲しくなったりしています。

海を見たときや山の頂上などでもそういうことは起こります。でも海や山はその地を訪ねないとなかなか思うようには見られないわけで、都会においての空は、誰にでも等しく毎日様相を変えては広がっているんです。


西郡さんは福島・いわき市出身になられますが、インタビュー中に、いわき出身であることが誇りだったけれども、震災後はなんといっていいのかわからない場所になってしまったと言われました。

目に言えない放射能汚染から出た正直なご自身の言葉に胸が詰まる思いです。


どこにでも広がり、誰にでも見ることができる青い空。

異国の地がたくさん捕えられているこの写真集、写し出されているその空を、目で追うことにより、点が線に、そして面になると感じました。目を閉じれば、面の中の空で泳ぐというのか、自由な気分になり爽快な気持ちがしてくるのです。


残虐な出来事は、毎日本当に絶えることなく、ひっきりなしで、人の危ぶまれる微妙な感情を、感じ受け取ってしまっては、拭いきれない弱い自分が隠しきれません。ややこしい不穏な空気に包まれることもあるけれど、その感情や思いは、なぜゆえに起こるのか。それは、正しいのか、正しくないのか・・・。めぐりめぐって、空を見上げと、青い空は果てしなく、迷いなく、人類共通の故郷のような顔をして存在しています。


そんな気持ちからこの写真集を見てみると、なんというか、旅が始まり、イマジネーションが広がり、ピカピカな冒険=未知なるものに魅かれる自分を発見することができるのです。




チョコレートによるオブジェを数々制作し、写真作品として発表されているおおば英ゆきさんの個展が本日より谷中・HAGISOでスタートします。谷中は、上野公園から徒歩15分くらいの場所になりますが、一番有名なのは霊園になるかもしれません・・・。それはおいといて。


HAGISOは岡倉天心記念公園の前にありますが、その周辺は下町風情があり閑静な佇まいの家々が並びます。私のお気に入りの雑貨店BONBONもその近くにあります。ユニークで個性のある方々が楽しんで暮らしておられるように感じる所です。その地でアート意識を高く持つプロデューサーがカフェ、アートスペースを運営し、様々な企画にチャレンジされているのがHAGISOです。思いを形にすること、集う場所を提供することは本当にすばらしいと思います。展覧会やライブは日々更新されていて、とても元気な場所なんですよ。


その場所のオープン時からになるでしょうか。チョコレート・ドリームスの展覧会を開催させてください!と懇願されたのがたぶんおおばさんではないでしょうか。これは推測にすぎませんが、自分の力で世界を引き寄せようと動く人ですから、私はそう思います。


だがしかし、おおばさんは、昨年、中之条ビエンナーレの、展示スペースである酒蔵において、準備の際に、脚立に股がってての作業中、バランスを崩し、そこから脚立がバーンと傾き、本人は天井の柱に捕まったものの・・・、地に着くには、落ちるしかなく、僕は飛び降ります状態になり、じゃじゃじゃーん、意を決して落ちたものの、両足を骨折。

というような、ありえなーい、状況の中で苦しみ生きる数ヶ月を過ごされました。


その後。

もがき(リハビリ)、もがき(リハビリ)、あわてふためき、作りたい一心でチョコレートに向かわれました。今生きているという感じを再び、チョコレートに重ね合わされているのではないかと感じます。


どろどろと溶けて、どろどろ溢れでて、どろどろと流れでるチョコレートに覆われた世界は、この世を現していると言われる感覚・・・。

今回の個展はその感覚がより一層極められているた違いありません。

そして、私は、依頼された写真集をぜひともよい形にしたいとがんばりました。

この3月1日、発刊する運びとなりました。


小品ですが、迫力ある写真集が出来上がりそうです。

すごいパワーです。見たことのないチョコレートの世界があるんですよ。


本ができあがったらまたご紹介いたします。

展覧会はイベントページに情報を公開しております。

どうぞおでかけください。


tank.jpg