back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2013年10月アーカイブ

勇気もらった!

| トラックバック(0)


混乱は適切に対処すれば再編が起こります。

中之条

| トラックバック(0)


今日は暑かったですね。

暑かったり寒かったりする2013年の秋。

おかげさまで、少々体調崩し気味であります。

みなさまはいかがお過ごでしょうか?


あっという間に10月になりまして、

もたもたしてると今年が終わるぞと思い、活をいれる気持ちで、

中之条ビエンナーレを見に行ってきました。

http://nakanojo-biennale.com


中之条は群馬県になりますが、

高崎で新幹線を乗り換えると2時間くらいで着いちゃうんですね。

とっても近いです。

台風がくるという予報があって、朝はどんより、雨模様の曇り空。

ですが、

午後には、神様の後光のような晴れ渡る青い空になりました!


korin.jpg


あらら、まだブログは書き出しというのに、内容はすっかり終わりに見た空模様の話に。

いかにもこれが私っぽいですね。

(ざっくばらんに書いているのでお許しください。)


ところで、中之条ビエンナーレの一番の目的は、おおば英ゆきさんの作品を見にいったのです。

おおばさんは、なんやかんや10年近く存じ上げているのですが、

チョコレートで作品を作られていて、(それだけではないのですけれども)

代表作はやっぱりこれなると思います。「チョコレートドリームス」

いつも前向きで、制作に元気に取り組まれる表現者でいらっしゃいます。


ohba.jpg


大きな蔵の中での展示は圧巻でした。

床に鏤められたチョコレートの演出も、なかなかユニークでした。


私は、チョコレート好きなのですが、カカオの香をはじめ、

チョコレート菓子というパティシエのこだわりと

その世界観に魅了されてしまっている一人であります。

美しい板状、そして1粒1粒を眺めているだけで

うっとりしてしまいます。

ダークを極めた高貴な色は、なかなか到達できない無限の色域でもあります。

それらが、このような作品世界を引き出すのです!


中之条ビエンナーレは14日まで。

私がとやかくいうまでもなくお時間あればぜひ見にいっていただきたいです。

温泉とアート、街を歩くだけでも何か感じられる豊かな時間に出会えます。


そして、チョコレート、ドリームス。

いやはやどんな展開が待っているのか、乞ご期待です!