back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2013年7月アーカイブ

風通しのいい場所へ

| トラックバック(0)

重くて息苦しい。

隙間がなくて風が通らない。

やるしかなくて思うほど楽しめない。

笑ったふり、振り回されて切ない。

・・・、・・・。


さて、昨今のお天気ですが、強烈さを伴う乱れ具合ですね。

次に一体何が起こるのかと内心ハラハラしています。


先週の東京はヤバかった。

豪雨により川や海の水が氾濫。

ギリギリセーフで溢れかえらなかったけれど、

雨の止んだ街中は、猛烈に生臭くて、

その悪臭と生温い熱風で思いもよらずグッタリとし、吐き気をもよおしました。


ダメだ。意外と柔な自分。

突発的な臭いと湿気でぐったりしてしまう適当な作りモノ。

震災等があったら、あっけなくやられてしまうよ、・・・と体力のなさを実感。

情けなく思いました。


そんなこんなのとある場面で・・・

お天気の会話からこれらをつぶやいてしまったところ、

「森の妖精のようですね。」

と、ある方に言われてしまいました。


森の妖精・・・。


考えてみたことはなかったけれど、

不思議さ具合は、ちょっと被るかもしれないなぁと自己分析。


ところで、

森の妖精は、きっと、その名の通り森に住んでいると思われます。

要するに、都会暮らしは難しく苦難が強いられます。

でも、もし都会に住んでいるのであれば

なんとか緑をみつけて、うまく調和しているのかもしれない。

そう考えてみると公園デビューの小さな子供たちや

緑の中で日向ぼっこを楽しむご老人たちも

妖精なんじゃないかと思えてきて・・・疑って見ちゃったり。


と、公園の恋しい日曜日です。


green01.JPG


グリーンロードへまっしぐら。


みなさま、どうぞ良い休日を!

七夕

| トラックバック(0)

本日は七夕です。


織姫と彦星が1年に1度、天の川を越えて出会うことが許されるなんともロマンチックな伝説の日。笹の葉に短冊をつけて自分の願いも便乗し祈願するのが風習になっていますが、これらはいつの頃からそのようになったのでしょう???


話は変わりますが、

「俺の...」というシリーズで展開している立ち飲み系のお店が賑わっていますね。

俺のフレンチ、俺のイタリアン、俺の焼き鳥・・・


春頃、友人と連れ立って俺のフレンチを覗いてみたら、すごい行列。

私は並ぶことには興味がないし、そこまでして食さなくてもいいよー。代わりはいっぱいあるんじゃない?と思ってしまうタイプなので、とっとと後にしましたが、実直に並び、安価を手に入れる方もたくさんいらっしゃって。それはそれで頭が下がります。


そして、一昨日...

「ただいま緊急会議中、すぐ来て。俺の焼き鳥!へ」というコールがあり、俺のシリーズ初参戦。

賑わっていました。

会議中のテーブルには、伊勢エビの上にウニのジュレがのっている豪華なプレート、お刺身の盛り合わせ、ワインにビールにサングリア...それぞれがグラスを片手に熱弁を繰り広げています。


これは非常に重要な会議に違いない(笑)。


肝心の焼き鳥は伊勢エビ問題が解決せず、またお刺身問答が長引いて食していないよう...。しかし私的には焼き鳥事情に踏み込みたい。メニューを見ると1本59円なり。とっても安くてびっくりしました。


ビールに始まって、しゅわしゅわした飲み物をボトルで頼み、冷えた白ワイン...、なんだかんだとごちゃごちゃに混ぜ込んで会議終了。

立飲みはなかなか辛い、会議にいつになく試練がつきまといます。


そんなこんなで記憶は薄れて、帰宅途中は記憶喪失。

翌朝、ふと見ると、我がテーブルは華やいでいて...

どうやらお花を購入したようです。

白あじさいに、ブルースター、夏の清涼感を感じます。

いやぁー、われながら非常にロマンチックな組み合わせ。笑

鈴の音が聴こえてくるようです。


IMG_0824.JPG


潜在意識がそうさせたのか?

そうそう、七夕使用なのか?


とにかくとにかく、美しい夜空で再会を!


織姫と彦星に捧げたいと思います。☆ ☆ ☆

写真の余韻・・・

| トラックバック(0)

写真、というには写真ではなく、
動画、というにはちょっとそう呼びずらい、
非常に中途半端で、やたら積極的な表現アプローチがあるように思い、
そこんところで
もんもんと思いを巡らしながら、
だらだら、どろどろと目ん玉を泳がせ、過ごしています。

むずかしい。いやぁー、むずかしい。

ということでコーヒーを一杯。

coffe.JPG




夏に向けて

| トラックバック(0)


7月になりました。

2013年も半分が過ぎ、今年の後半戦がスタートです。

そしてこれからが夏本番。

暑さが厳しくなる前に大きく身体を伸ばし、

深く深呼吸をするなど身体と内面のバランスを見つめとりながら、

夏に向けての準備を進めたいと思います。


約1年間ほどコンタクトを続けていた異国の地とのやりとりがやっと(やっと)終わりそう。

昨年の今頃を思うと日を走っているような状況で、夏を駆け抜けました。

時差のある国とのやりとりは、1日中格闘しているような印象である意味夢遊病のようでもありました。体力が持ったなぁと、振り返ってみたり。


ですが、異なる世界に飛び込んでいった勇気、経験は宝物になりました。

時間はあっという間にたってしまうので、1瞬1瞬を大切にして

2013の後半も前に前にと進んでいきたいと改めて思っています!