back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2012年6月アーカイブ

ひまわり

| トラックバック(0)

himawari.jpg

今日は暑い一日でした。

梅雨はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。

雨でじめじめしているよりも、カラッと晴れた太陽の下の方が、

私の性分としてあっているような気がします。

ですが、梅雨の季節に雨がない日本というのも非常に気になります。

水不足をはじめ、いろんな環境問題が含まれているようでとても心配になります。


ところで、ここ最近、花屋さんの店先に

小ぶりのひまわりをとてもよく見かけるようになりました。

品種改良されているようです。

黄色の花びらの色が微妙に異なり、実にいろいろな種類のひまわりが

顔を揃えていてとても華やかです。

その中で一番透き通るような印象をもつレモンイエローのひまわりをちょこっとだけ購入してみました。さくっと一掴み。お花はいろいろ混ぜないで楽しむのが自分流です。


それはおいといて・・・。


ひまわりですが、漢字で書くと、向日葵、日回り、暇あり?(これはジョーク)。

英語では、Sunflower(sun太陽、flower花)、

イタリア語だとgirasole(gira回る、sole太陽)、太陽を回る花とのこと。

その名の通りの花のような気がしてきます。

身長は2mくらいにもなる大きなものがポピュラーな印象ですが、

夏の終わりには頭をたれて(種がぎっしり)、ちょっと人間の立ち姿のようにも感じてきます。

ひと夏の間、太陽に向かってぐんぐん成長し、そして大きな花を咲かせ、ぎっしりと種を宿し、、最後は頭を垂れて、種を土に還し枯れていく・・・。


私が十数年前にみたイタリア映画「ひまわり」をここ最近見返しました。導入部の切ない音楽と共に描き出されるひまわりの群は、戦死した兵士を表し、一つの章が終わるということを意味しているんだなぁと今になってやっと気がついたのです。(胸がキューンとします。)


ということで、私は今、非常にひまわりが気になっていて、ひまわりに向かっています。

それはとても個人的なことですが、そうとも言えない。

この夏は、それを意識し、一花咲かせてみたいものではないかと

密かに計画しているのでした・・・!


筋トレ

| トラックバック(0)


梅雨のシーズンですね。

先週は、台風4号、5号が到来。

猛威を奮って日本列島を駆け抜けていきました。

みなさま、ご無事でいらしゃいましたか?


この部屋には、たくさんのベルがあるのですが、

ドアも窓も開け放っていたところ、

強い風がビューンと吹きぬけ、

いい音がたくさん入ってきました。

ベルたちが輪唱しているかのようです。

ナチュラルサウンド、天使のベル。

実験サウンドのようなランダムな旋律。

癒される瞬間を持ちました。


さて、気がつくと早いもので今週で6月も終わりです。

私自身のことになりますが、今年の上半期はほんとうによく移動をしました。

遠距離移動の予定は8月までやっとなくなり、

内心、実に、ホッとしています。


ここ数ヶ月間の、やはり疲れがでてきているように感じます。

非常にだるく、心臓がばくばくしてきちゃって。

しかも視力が非常に悪化しているようで

目の中ががちゃがちゃです。

しかたがないので、パソコンから離れるように努力し、

目の筋トレなどを試みてもいるのですが、笑

効果はあるのかなぁ・・・?

(パソコンから離れると小さい活字を読みたくなるという

何とも悪循環。写真集閲覧が一番目に優しい行為になりますでしょうか。

どうなんだろう・・・笑)


んで、自分なりに目に良いと言われるものを

いろいろと試行をこらして摂取中です!

ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンCこれらを含む食物、

玉ねぎ、レバー、ほうれん草、ピーマンなどが良いそうなんですよ。

中でも有力なのは、目に非常によいとされるアントシアニンを15種類も含む

ブルーベリーとのこと。

ジャムでもいいそうです。

摂取後4時間後には効果があり、24時間で消失するとありますので

せっせと食べ続けるのがよさそうです。


ということで、微妙な努力を伴いながらの、

いよいよ暑い夏本番。7月がやってきます。

そしてまたまた迎えうる、レッツゴ―、チャレンジ☆サマータイム。

ブルーベリーとカシスソーダを小脇にかかえ、

2012年の夏を乗り切りたいと考えています。


そして。

早起きが功を奏する新企画の1つや2つ。

実現のための準備期間として集中してがんばりたいと考えています。


えいえいお!

がんばるぞ。


ざわめく

| トラックバック(0)


夜寝ない国という印象が残ったマドリッド。

これ以上のことはきっとなにもできず、

これ以下ということも(たぶん)何もないだろう、

というような時間を過ごしました。


顔も洗わずじまいで眠りこけている状況は、通常のスタイル。

緊張も含まれ毎晩電池切。

自分なりにがんばったと思いました。 


作家が思いをこめて作った作品。

ブラッシュアップするのが私の仕事なのかもしれません。

作品は永遠で作者が死んでも残り続ける。

オリジナルということの強さの裏腹にきっと恐れも隠せないだろう。

作品を世に放つ度にアーティストは悩み苦しむ。

でも、自分にしか出来ないということを成し遂げ、

パッションを放てば、人々は心動かされ、魅了されます。

私はそういう作品に出会いたいと思い、

これからも旅をするんだろうと思います。


異国の土地を歩きながら、

教訓めいたものを自身の中から受け取りました。

キャッチするとざわざわしてきて、

それをどう消化したらいいのか悩みます。

でも、その気持ちを大事にして

向き合っていけばいいんだと思いました。

自分にできることしかできないけれど

これでいいということは今はまだなにもないから、

バランスをとりながら、前に進んでいきたいと思いました。

Holaの国からこんにちは

| トラックバック(0)
IMG_6300.JPG

マドリッドです。どこの国も朝は清々しく、澄み渡る青空は

気持ちを前向きにさせてくれます。


一番最初に出会った写真はホテルのロビー。

なんとも妖しげな女性たちのポートレートがいっぱい。


私の部屋の入口にも6点の写真が飾られています。

モノクロで切取られた昔の女性たち。


IMG_6302.JPG


IMG_6303.JPG


上がります!


では、いってきます。(どこへ?)