back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2012年2月アーカイブ

雪が降りました。Part3

| トラックバック(0)


本日、東京にまたまた雪が降りました。


昨日から、そのような噂があったので、

心密かに気持ちを躍らせていました。


私は、やっぱり、

雪が、雪国が、すきかもしれません。


子供の頃の経験・・・。

雪と対峙して、自分の中に芽生えた、小さくも大きくもある自由な気持ち。

それは、誰にもいえない、言いたくない、

宝物ともいえるようなそういう気持ちです。


雪をみるとな〜んか、

寒いのにほっこりとした気持ちを

感じちゃうというのか。笑

これは大人になってからやっと気づいたことの1つです。


ですが、

今年の積雪量をみるとそんなのんきなことは

言ってはいられないです。半端じゃありません。

「これだから関東のもんはすかん。」

といわれてしまいそう。


ですが、そういうこととは関係なく

真っ白、という事実の雪に魅了されます。


で、東京の雪ですが、

この冬、9回目になるそうです。


これまでブログでお伝えしておりましたが、

本日は、雪の結晶観察に臨む第3弾!ということで

性懲りもなくチャレンジしましたので、

ここにご報告します。


じゃじゃじゃじゃーん。


IMG_5225.JPGのサムネール画像



・・・


どうですか?


どうでしょう。


虫眼鏡で一生懸命みました。

カメラも一生懸命撮ってやろうと念力を送りました。

でも結晶観察は、難しいですね。何が条件になるんだろう・・・。


そんな私の心境が写し出されたように

雪の中に書き文字を発見!


IMG_5231.JPG


あちゃちゃ〜。


自分の状況を指摘されたかのようですが、

やられた感満載で楽しくなりました。


そして、

私の大好きな「うま」という文字が。


IMG_5232.JPG



うま。です。うま。なんだろ、このうまとは!


よくわからないままに、

愉快。


今年は、「うま」をヒントに、

動いていきたいと思ったのであります。


うまくいきますように!

(な〜んちゃって。)


とりとめのない文章でしんずれいしました。


いよいよ3月!

| トラックバック(0)


日中は、暖かい日差しを感じましたが、

夕方になって冷え込んできました。

早いもので2月も残すところあと2日です。


年明けに、今年は、毎日ブログを書きます!と、

内々で宣言していたのですが、

なかなか難しいです。


書くことがないということではなく・・・

お恥ずかしい話になりますが、分裂しがちです。涙

それが読みたいといわれる方もあり、笑

お役にたっているかどうかは全くわかりませんが、

「今日も元気です。」ということで、

継続したいと考えております。


ということで、

ここ最近の話を少しお話します。


東日本大震災から1年がたち、

今年は復興元年という意識の下に、

みんなで協力し、被災地、そして被災された方々を

応援しよう、元気づけようという動きがあります。


ハルコさんは宮城出身。

今年は、彼女の写真はもちろんのこと、

まずは宮城の皆様へ心安らかなる時間を

過ごしてもらえるような企画を施し、

お役に立てたらなぁと計画しています。


そんなところに、

ハルコさんの中学時代の同級生の皆様が

気にかけてくださって。

お目にかかり、写真のことをいろいろ

お話させていただきました。


そこから・・

仙台でがんばっておられる

写真家の木戸孝子さんにも繋がっているようで、

嬉しくなりました。


ところで、震災1年後の被災地を

自分の目で確かめると言われる

写真家の方たちがたくさんいらっしゃいます。


撮る撮らない、行く行かないは、

本人の判断になりますが、

くれぐれも事故に気をつけて、

そして、注意を払って行ってほしいと思います。


それから、

ご紹介しようと思っていて

すっかり遅くなってしまいましたが、

白河清澄のTAPギャラリーで開催された

山下隆博さんの写真展「わすれて、わすれないで、」(2012.2.7-2.19)を

拝見しました。


yamashita2.JPG


新宿で行われた原発反対のデモ、そして福島県のポニーの写真。

会場正面に横並びで展覧されていましたが、

この2点を持って、今の福島が写し取られているように感じます。

静かに佇むかわいいポニーも、風景の一部に収まり

声なき声を発しているかのようです。


目に見えない、避けられない現実の中、

儚くも軸は異なりつつ(元通りにはならない・・)

日常は取り戻されていきます。

転化していく現実を強い印象を放つ2点の対比で

言い当てたようなそんな印象です。


さぁ、この先、どう見つめとって行けばいいのだろう・・・。

(私の撮影した写真が、ブレておりまして

きちんとご紹介ができず残念です。みなさまポニーは見つけられましたか?)


話しは変って。


先週、関西へ行ってきました。

新幹線のぞみは、先頭車両が動物のバグみたいな形状で、

2時間半で新大阪にひとっ飛び。


観覧車を見たら私を思い出してください。と言われる

写真家の方がいらっしゃいまして

梅田で、ふと空を見上げ、思い出しました!


そんなこと言ったら、

鶴橋の焼肉の匂いかいだら、

うちのこと思い出してくれや〜という写真家

の方もおるかもしれへんし、

団地見たら思い出すやろな?といわれる方も。

そして、いつも仲睦まじいKさんご夫妻ももちろん思い出しますなぁー。

みんな元気しとるかなぁ。


おかげさまで地下鉄も一人でじゃんじゃか乗換OKになりましたよ。


今回は時間がなくトンボ帰りでしたが、また桜の咲くころに参ります。


そのときはどうぞよろしくお願いします!笑


新しい命

| トラックバック(0)


寒いけれど、耳を澄ますと

いろんな音や声が自然とよく聞こえてくる

そんな1週間でした。


近所に住む20年来の友が、赤ちゃんを産みました。

名前は春子ちゃんです。

「はるこ」といえばハルコさんでしたが、

春子ちゃんの誕生は、新しい芽(目)が1つ増えたような

そんな気持ち。


春だなぁ?と思って、嬉しくなりました。

つぶやき 禁止条令〜

| トラックバック(0)
どうです?これって。


やっぱり、ダントツはFacebookでしょうか。

それともTwitter?

mixiは、足跡機能がなくなったそうですが、

私自身はすっかりご無沙汰しています。


Netlogというものを通して知人から

リクエスト承認なるものがきたのですが、

紹介文をみると、大人の社交場とあります。

「私って大人だったっけ???」

というところから始まって。爆

すっかり馴染めずじまい・・・手つかずです。


それから、ここ最近、

LinkedInというものからも

コンタクトを頂くようになったのですが、

よ〜くみると、

友人のジャスミンさんがじゃんじゃか友人を増やしていて、

実にすごいことになっている。笑

さすが国際人!


それから、

20歳になるO氏は、

Twitterの仲間(フォロアーと言われる人たち)が

2500人もいるそうなんです。

その数字を考えてみると、

1日1人のリクエスト承認を行ったとしても

7年近くかかるんですね。

20歳の少年、いや青年が

数年か数ヶ月で、

そんなことになっちゃってる。


人とのつながりって、

そういうこと(数)ではないんだよ!!。

と、いうような発言をしたくなる気持ちを押さえながら、

彼のどこにそんなカリスマ性が潜んでいるのかと

斜め視線で観察などを

しちゃったり(ごめん!)。


そうこうしているうちに

「オレって結構イケテルんですよ。

ネット世界の特有の楽しみ方、あるんですよ、わかんないんすか?」

というようなしっぺ返しをくらいそうで、

突っ込みも、質問もできず・・・


そんなこんなが山盛りになってくると、

誰にも聞こえないような小声で

なかなかとち狂った世の中になってきているなぁと、

つぶやいたりしちゃったり。

(これが一人ツィッター?!)

自己完結してしまうのであります。


公の場で、柔軟に自分をさらけ出すということは

そんなに簡単ではないし、

それに、

もったいなくて

できないょぉオオ!笑


ですが、これでは、

ネット社会に置いてきぼりを食いそうで、

チャレンジしてみたい自分も

隠さずにいるということは

ここにお知らせしておきたいと思います!笑


ラッパーECDさんと結婚後、

二人のお子様を出産し、

母、妻、写真家の三役をこなし

毎日がまさに奮闘中の植本一子さん。

 

現在は、ほのぼの4人家族。

そこにプラスして2匹の猫も加わり、

楽しい暮らしを営んでおられます。 


生活の基本となる旦那さんの月給は、16万5千円。

そして家賃は11万円。

一子さんのブログで、家計簿なる生活奮闘記が披露されていましたが、

昨年、それが1冊の本にまとまり出版されました。


ichiko.jpg


この本が実に味があってユニークです。

一子さんのさっぱりとした性格からか、

自らの生活自体が客観視され(いろんな角度から語られていると思う)

イキイキ☆ツラツラと文章が綴られています。

お金はない!?かもしれないけれど、(金は天下の回りもの!)

ものすごくハッピーで温かい。


彼女の写真表現のように

文章から朝の縁側に差し込んでくる陽だまりのような

ほっこりとした優しい光、家族愛が読みとれます。

ぜひご一読ください!


もっと早く紹介しなくちゃと思っていたのですが、

すっかり年も明けてすでに2月。(遅くなりました)

昨日、インフルエンザでダウンしているというメールをもらい

がんばれ〜〜!と、元気を贈ろうと思いここにご紹介します!


「今年はなんかやる!」という意欲に

満ち溢れている一子さん。

エンジンブンブンでがんばろう!


私も実は風邪気味です。

風邪も、インフルエンザも、ノロウィルスも流行っているようです。

みなさまもどうぞ気をつけてください!


今日は、お天気がよくて、最高の日曜日。

お散歩日和です。


良い休日を!

CP+2012

| トラックバック(0)


yokohama.JPG


横浜パシフィコで開催されている

カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2012」に行ってきました。

89の企業・団体が集結して最新の商品サービスを世界に発信!

カメラはもとより、写真の楽しみ方が無理なく着実に

広がってきているなぁ〜と感じました。


デジタル化が進む中で、顧客サービスの1つに

オンデマンド化があります。

各社のプレゼンテーションがなかなか目を引きました。

狭いブースで体験ワークショップなども行われていて、

こんな息苦しいところでがんばってやらなくても・・・と、

正直、ちょっと無理矢理な印象をもちましたが、

主催されている方のまじめな顔を拝見して

がんばれ!ってエールを送りました。


何千万もする巨大な出力機の前に写真集やアルバムのサンプル群。

印刷を超える、超えたい思いが、沸々と読み取れました。

こだわりのアルバム、サンプル装丁の価格は

1冊あたり1〜3万円くらいのよう。

形に残したいという潜在意識を刺激し、

マイコレクションという部分を強調すれば

制作コストはそう高くないかもしれません。

電子出版、オンデマンド時代の表現のありようは

どうなっていくのだろう。


スマホのプリンターというものもありました。

そこから写真集も作れるんですね。

参考本が置かれていて、

着地する姿があると期待度がアップします。


iphone_book.jpg


旅先や出先などで発見した気になったものや

思い出に残るものもろのシーンをスマホでイージーにキャッチ。

それらお気に入りの写真を帰りの電車や車の中で

あれこれ確認しつつメールで転送。

家に帰ったらプリントアウトが出来ているとか。

すでにアルバムになっているとか。

そうなると帰り道の電車の中が編集スタジオっちゅうか、

そういう感じになりますね!

勢いがあって、アセンション!っていう感じじゃないですか??

これは、いいと思います☆

アイディア広がる?♪


それから、3Dプロジェクターというものも気になりました!

2400ルーメンで33万円。

もちろん通常使用もOKだそうです。

これって安くない?でしょうか。

購入してみたいと思いました。


3D.jpg


入力・出力。

両方共に無理のない時代が来ているなぁと

やっと思えるデジタル世界。

私自身、20年の月日を経てそのように感じていることを

書き加えておきたいと思います。爆


それから、展示ブースで高校生の写真部による震災支援プロジェクト、

写真コーナーがありました。


IMG_5088.JPG



IMG_5090.JPG


ステキな応援メッセージがいっぱいです。

自分たちでできることをというところから始まった、

高校写真部の皆さんによる活動。

写真に残し記録して現地に伝えたいという思い、

じんわり胸に届きます。


CP+12日までの開催です。おでかけください!

冬馬に乗る

| トラックバック(0)


uma03.jpg


冬の馬は凛としています。


吐く息白く、

生きる鼓動が感じ取れます。


そして、騎乗していると共に生きよう!

という気にさせてくれます。


馬と人が一体になる!


これこそ、ケンタウロスの世界・・・。

立春

| トラックバック(0)

早いもので2月になりました。

本日は節分で、明日は、立春です!


立春という言葉と響きが大好きです。

思い立ったら、吉日!みたいな勢いを感じます。

そして春になる!と思えば、

不思議と元気になってくるのですが

皆様はいかがですか?


雪下でさまよう虫の気持ちを考えると

息も出来ず、じめじめ、うじうじ、きっと苦しいばかりです。

(そうではないかもしれませんけれども。)


決断力が欠如し、時に思い悩む状況もありますが、

思いったら GO! というのが、

ライブ感があって私としては理想的な姿です。

失敗を恐れて前に進めないことも

多くはなってきているのですが

自分の感覚に従って、自分の好きなように生きていくのが

良い( 楽しい)人生だと父に教わりました!(+そのための努力は惜しむなとも)


ところで、節分ですが、

冬から春になるこの時期を

一年の境としていたその昔、

現在の大晦日と同じように

考えられていたそうなんです。


ということで、

立春は新年にあたります。

おめでたい食べ物の1つとして

福を巻き込む・・・、巻寿司が恵方巻の由来だそうです。


今年の節分も恵方巻きを食して

運気をあげようと思います。


縁を切らないよう包丁は入れずに、

丸ごと1本食べるのが習わしとのこと。

七福神にあやかり7種類具の入った太巻きが望ましいそうです。

そして、その年の良い方角に向いて

(今年の歳徳神(良いとされる方角)は北北西。)

願いごとをしながら、黙々と最後まで一気食いするのが

(しゃべると運が逃げるらしい)

通常の作法になるようですが、


しばらく眺めていて・・・


今日の体力から考えると無理と判断。

神様はきっと、一気食いしなくてもお助けくださると思い、

今年はやめました!爆


断面を見たくて、

ちょいとカットしてみると

かんぴょう、たまご、かに、きゅうり、しいたけ、あなご、高野豆腐

確かに7つ入っています!


IMG_5015.JPG


七福神なる7つの具に囲まれながら、

これより豆まきと恵方巻で邪気を払い、

福を呼びこみたいと思います!


節分と立春。

2012年の本格的なスタートです。


暖かい日和、緑芽吹く季節は、もうすぐそこまで来ています!