back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2010年10月アーカイブ

昨年リリースされたアルバム「あいのわ」の制作の際に、中村ハルコ写真集「光の音」から影響を受けたと語るハナレグミの永積崇さん。ハルコさんの写真は「感じるままに動いている、まさに感動が写し出されていてすごいんですよぉ!」と、初めてお目にかかった昨年秋に嬉しいお言葉を頂戴しました。


ハルコさんとぜひ一緒にライブをやりたいとオファーを頂戴し、2011年2月10日にZepp Sendaiで開催いたします。スペシャルゲストにタップダンサーの熊谷和徳さんも登場!


一般発売は12月25日。フォルマーレサイトだけの先行販売も・・・?! お楽しみに!


「光の音〜しゃしんとうたう」ハナレグミ×中村ハルコ

塩竈はじまりました!

| トラックバック(0)

塩竈アートウィークス2010 中村ハルコ写真展がスタートいたしました。


IMG_0874_bld.jpg

13日の初日には、オープニングセレモニーが行われ、塩釜市長の佐藤昭氏、実行委員長のスガワラジュンイチ氏ご挨拶の後、テープカットが行われ私もそこに参列いたしました!

白い手袋を着用し、紅白のリボンが施されたピカピカに輝く黄金の鋏を持って、カッティング!

どこまでも続く中村ハルコの写真道!という晴れやかな気持ちをもって臨ませていただきました。


その後、ハープ奏者の月輪まりこさんから祝奏をいただきました。


IMG_0877_habu.jpgのサムネール画像

うっとりするようなハープの音色に会場もシーンと静まり返り、来場者の皆様方もうっとりと聞惚れていらっしゃる様子。


私はそれを記録しようとコンパクトカメラを片手にパチパチとシャッターを切るという始末。なんとも慌ただしい。

こういうときはどっしりと構えて優雅にふるまわなければ。爆(今後の課題です。)


IMG_0900_open.jpg

なにはともあれ、塩竈エスプ館長からのオファーから半年・・・!
中村ハルコ写真展実行委員会の皆様方のご協力の下、展覧会が華やかにスタートしたことをご報告します。


IMG_0933.jpg

IMG_0937.JPG

IMG_0915.JPG

会期中は、生涯学習センターエスプを拠点に、イベントが目白押しです。

17日は、ハルコさんのご主人下館和巳氏(シェークスピアカンパニー主宰)のトーク&スライドショーもございます。

24日の最終日は、塩竈出身の写真家平間至氏×下館和巳氏のトークショーが予定されています。


ハルコさんの写真は、塩竈市の4箇所に分散しご高覧いただけます。

塩竈きってのオシャレな写真スタジオ尚光堂、

ギャラリー・ビルドスペースには「海から?」のビンテージプリントも!


IMG_1015.JPG

オーナーの嶺岸さん、高田さんには多大なるご協力をいただきました。
ぜひこの2箇所にも訪ねられて作品をご鑑賞いただきたいです。


それから!

ハルコさんと生前約束された作品コラボレーションを実現されたスガワラジュンイチさんの蓄光パネルもぜひご覧ください。海からの贈り物の「月」&「波」をしっかり光として吸収し、闇光ともいえるような妖艶な画像をうっとりと写し出されています。


IMG_0965.JPG

そして3D写真家の黒田さんによる3D画像もサプライズ展示として展を盛り上げてくださっています!


IMG_0904.JPG


IMG_0936.JPG

塩竈のスタッフの方が作られたマップも入手しました。


MAP.BMP

ぜひこちらを手にされて塩釜アートウィークスを満喫されてくださいね!


-------------------------------------------------------------------------

塩竈アートウィークス2010

2010年10月13日―10月24日 10:00―18:00(土日17:00まで)

塩竈市のホームページ イベントガイド

いよいよ13日から塩竈アートウィーク2010が開催されます。

中村ハルコ作品「海からの贈り物」「光の音」の展示はもちろんのこと、塩竈市の5カ所をメイン拠点にし、ゆかりある方々とのアートコラボレーション、トークショー、スライドショーが企画されている11日間におよぶアートイベントの開催です。


poster.jpgのサムネール画像

メイン会場は、塩竈駅から徒歩1分、ふれあいエスプ塩竈になります。こちらで、東京フォト2010で大評判をいただいた「海からの贈り物」19点、「光の音」22点(c)Formare la Luce. Courtesy Tomio Koyama Gallery,Tokyo.が展示される他、すがわらじゅんいち×中村ハルコの月のコラボレーションもご覧いただけます。そしてギャラリーであるビルドスペースでは、「海からの贈り物」のヴァージンプリント5点を展示、ご紹介いたします。塩竈神社の近くにある亀井邸では、大江玲司さんの写真展も開催される他、塩竈Works 珈琲が併設され、カフェブレイクを楽しんでいただくことができるそうです。


塩竈の皆様の熱心な準備とチームワークですばらしい展覧会がスタートいたします。13日にはテープカットも行われ、先着100名の方に何か特別なプレゼントも用意されているとのことです。


私は写真集をお買い上げいただいた方に塩竈限定のポストカードを用意させていただきました。

このカードがなかなか届かなくて、今もまだあたふたと待機しているのですが・・(早く届かないかなぁ。)


idea_card2.jpg

ということで、塩竈の搬入&テープカットに行って参ります。準備、受け入れ等、エスプ塩竈、ビルドスペース、尚光堂、フジフォトサロン/仙台等、現地スタッフの皆様にはたいへんお世話になっておりますが引き続きよろしくお願いいたします。


そして搬送に際し、ご協力&ご尽力いただいた皆様方に熱く御礼申し上げます!


皆様、秋の塩竈へどうぞお出かけください!(またレポートいたします)


塩竈アートウィークス2010

2010年10月13日―10月24日 10:00―18:00(土日17:00まで)

塩竈市のホームページ イベントガイド

茅場町ベイスギャラリーで始まった伊賀美和子さんのオープニングパーティに行ってきました。お目にかかるのはもうかれこれ何年ぶりになるんだろう・・・本当に久しぶりです。ご案内を頂いてから再会と新作の両方が気になって超楽しみのウキウキでギャラリーへ出かけました。


伊賀さんは、玩具をモチーフに様々な人生を演出し場面構成されるという真に不思議な演出家さんです。そのシーンの捕らえどころはカメラによるということから写真家さんということになるのかもしれませんが、情景を演出し記録するという方法を別に見つけられればメディアはどんなものでも構わないと言われるに違いないというような広がりと成熟した精神性を匂わせるアダルトな作家さんでいらっしゃいます。


iga_002.jpg

iga_003.jpg

玩具と静かに向き合い戯れている時間はきっとパラダイスなんだろうな。シニカルな切り口からユニークな状況に発展させて・・・そのやりとりを想像するとニガっと笑えてきます。

大人になってもみんな実にドジっ子だぜという大きなメッセージが含まれていて(言葉にうまくできないんですけど)、そういう感じに違いないと思うと勇気がわいてくる瞬間が!笑。


IMG_0853.JPG



IMG_0863.JPG



IMG_0859.JPG

パーティでは、特注されたバンズによるかわいいホットドッグも登場!

これは作品ではないようですよ!


ファンというのは本当にその作家の新しい活動、取組みが楽しみで仕方がなくて・・・そういった意味からしても伊賀さんのファンである私は、新作はほんとに期待通りで楽しく嬉しい夕べとなりました。

写真をいっぱい撮ったつもりでしたが、ぼけぼけでご紹介しきれず・・(すみません)


皆様、どうぞご高覧ください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●伊賀美和子 「悲しき玩具 ー The Open Secret」

2010年10月1日(金)ー11月10日(水)11:00-19:00 日曜・祝日休廊


ベイスギャラリー 

〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町1-1-6 小浦第一ビル1F

TEL: +81-3-5623-6655 WEBSITE: www.basegallery.com


東京メトロ東西線・日比谷線 茅場町駅 7番出口より徒歩1分

東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅より徒歩8分

東京メトロ東西線・銀座線/都営地下鉄浅草線 日本橋駅より徒歩8分