back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2010年9月アーカイブ

「東京フォト2010」(2010年9月17−20日(月・祝)開催)のレセプションが16日(金)に行われました。今年で2回目を迎えるこの展は、写真を見て買って楽しんでもらえることを目的とする国際的に開かれたフォトフェスティバルです。


パリやNY、そしてロンドンなどでは、このような催しはメジャーで、展示している作品をその場で購入し持ち帰るお客様等も多数お見かけするフォトマーケットとして成立しています。今が旬な写真家の作品を広く見ることが出来、コレクターにとってはとても興味深い催しです。


今回の東京フォトは、昨年より規模も拡張されている様子で、NYから老舗のフォトギャラリーも多数出展されていました。出展点数約500点にも上るいうことですが、会場は本当にものすごく盛況でした。

写真から放たれる・・・

写し撮ってしまったというような?、写し込まれてしまったような?

要するに念みたいなものと、会場にいる方々からなのか、異様な熱気で非常にムンムンしていて・・・久しぶりに興奮する場面に遭遇しているなぁという自身の感想を持ちながら入場しました。


で、

とりあえず、

中村ハルコがどうなっているのかが気になって、小山登美夫ギャラリーを訪ねました!


入り口中央ほぼ正面左手にブースを発見!

「海からの贈り物」が19点ありました!とても美しく並べられています!


IMG_0783k01.jpg


IMG_0775k_02.jpgIMG_0782k_03.jpg

ステキ☆☆☆


ハルコさん、輝いてます。白い壁の中に19点がパレットの絵の具のような鮮やかな印象をもって光放たれています!モノクロとカラーのプリントのコンビネーションを生前から追求されていた中村ハルコの世界観がみごとに表現されている感じです。ハルコさん、世界のフォトステージに立ちました!思わず鳥肌が立ってしまいました。小山ギャラリーの皆様、本当にありがとうございます!お世話になります。


この作品は、限定20エディション(1セット19点入)のボックススタイルで100万円の値段が付けられています。広い空間をお持ちのお客様は、ぜひ額装されて飾らたらとても味わい深く楽しめられること間違いないと思います。私は産婦人科のロビーや待合い室などに飾られたら・・・、生命誕生の瞬間に立ち会う神秘さや美しさ、そして意気込みや忍耐などを患者さんがいろんな視点からしっかりと受け止め、自己に置き換えられて良いのではないかと考えてみたりしているのですが・・・。


それから・・・あまりしっかりと写真は撮れませんでしたが中の様子をご紹介します。NYのDANGIGER PROJECTS、Yossi Milo Gallery、Museum of Photographic Arts など・・・・素敵なギャラリストの方々にお越しいただいていますよ。


IMG_0773_d2.jpg

IMG_0772_d1.JPGIMG_0771.JPGIMG_0769.JPG

3Dめがねをかけて見る立体作品!


IMG_0776.JPG


蜷川実花さん


YOSHINOHIROAKI PROJECTとして友人の吉野弘章さんがブースをだされていて思わず握手。そして写真を深く愛し、パリ、NYを広く飛び回るGALLERY21の太田菜穂子さんにもお久しぶりにご挨拶!

EMON PHOTO GALLERYから写真家の西野壮平さん(http://www.emoninc.com/)、AKAAKAでは高橋宗政さん(http://www.munemas.com/)にも久しぶりに遭遇しました。そして、岡部桃ちゃんにも!安村崇さんは、NYと東京、両方のギャラリーからご紹介されていました!(すごいなぁ〜。)


ということで、20日まで開催しております。六本木ヒルズ40階になります。入場料は1500円。

ぜひ皆様、秋のシルバーウィークに六本木へ!


ご高覧ください。



2010年10月13日(水)から宮城県塩竈市で開催される中村ハルコ展の準備が着々と進んでいます。

メイン会場となるふれあいエスプ塩竈の館長 會澤さんをはじめ、実行委員長 すがわらじゅんいちさん、そしてこのイベントを成功させようと多数の皆様方のお力添えを頂いております。

この場をお借りして御礼申し上げます。どうもありがとうございます!


ということで、いま、塩竈市は、中村ハルコ一色といいますか、尋常でない盛り上がりとなっているようです!


本日、毎日新聞社が発行されるフライヤー「スマイル」が届きました。表紙に始まり、1面使っての展覧会のご案内が掲載されています。ご尽力いただきました奥山さんどうもありがとうございました。



shiogama.jpg


会期中は、ほぼ毎日のように写真に関するイベントが計画されています。

最終日の24日(日)には、塩竈を代表する写真家平間至さんにも、下館和巳さんとのトークショーでご出演頂けるそうで、本当に楽しみなアートウィークです。


ポスター、チラシも完成し、仙台、塩竈の至る所でご紹介いただいているそうで、本当にありがたいです。関係者の皆様、ほんとうにありがとうございます。


ぜひ、この機会に秋の塩竈へ、お出かけください!




chirashi.jpg



HIROMIXがキュレーションする展覧会が本日より開催されます。

以下ご案内です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


六本木芋洗坂に、ファインアートにとどまらず、ファッションやデザイン、建築などクロスオーバーなジャンルを紹介してゆくスペースとしてhiromiyoshii ropponngi をオープン致します。この、hiromiyoshii roponngi オープニング展として、9月11日(土) から10月9日(土)までHIROMIX キュレーション 『magnifique!』展 を開催致します。


HIROMIXは写真、絵、映像などの、作品製作を中心に、カルチャー、ミュージック、ファッションなどのフィールドにおいて写真作品を発表する一方で、2009年 ヒロミヨシイでの個展 「早春、心の輝き」では、写真作品、淡くみずみずしいドローイング、映像作品により、早春の穏やかな高揚感、新たな生命の芽吹き、透き通った幸福感をすくいとった様な世界観を。 2010年 EYE OF GYRE での個展 「愛の部屋 by Hiromix」では、写真、映像を交えた、繊細かつプラトニック、濃密なインスタレーションにより幸福感、浮遊感、あたたかさ、輝きといった愛のイメージを表現してきました。

 

HIROMIX初のキュレーション展となる本展では、恋人達、光、自然をテーマとしてディレクションした、国内外の現在様々なフィールドで活躍するアーティストやクリエーター12人の作品を展示します。また、会期中には poetry reading やカリンバの演奏などエキサイティングなプロジェクトも企画されているそうです。


ご高覧ください。


出展アーティスト 

HIROMIX、東野翆れん、 小田島等、酒井景都、KIKI、KING、浅野忠信、永瀬沙世、Emmanuell Mafille、Liz Goldwyn、Peter Sutherland、Coley Brown、Fumie Ishii、Kevin Trageser


『magnifique!』

会場:hiromiyoshii roponngi 

〒106-0032 東京都港区六本木5-9-20-201

Tel : 03-5620-0555

URL: http://www.hiromiyoshii.com


HIROMIX

1995年、写真新世紀荒木賞を受賞、同年のグランプリも最年少で獲得し脚光を浴びる。以後、ファッション誌や音楽誌、広告、音楽プロモーションなど幅広く活動。また、映像監督、文筆家など、多彩な分野で活動を続けている。2001年、第26回木村伊兵衛賞を最年少で受賞。 近年の主な個展に ヒロミヨシイ 「早春、心の輝き」(東京)、EYE OF GYRE 「愛の部屋 by Hiromix」(東京)など。

 

主な写真集に、「HIROMIX girls blue」1996年、「光」1997年、「JAPANESE BEAUTY」1997年、「HIROMIX」(独Steidl社)1998年、「HIROMIX WORKS」2000年、「HIROMIX PARIS '97-'98」2001年、「HIROMIX 01」2002年、「Early Spring Brighten of Your Mind」(hiromiiyoshii) 2009年など。

 

とりゃ〜

とりゃとりゃとりゃ〜〜〜!。(←合気道のような気合いです。笑)


本日より9月1日。

今年もいよいよ後半戦です。


フォルマーレ・ラ・ルーチェも少しずつではありますが、

いろいろと動きが(少しずつ)出て参りました。


まずは、インタビューですが、池田宏彦さんの作品をご紹介します。

池田さんとは古い付き合いになりますが、独特のペースがあってしゃべり方も特徴的です。

最近よくTVに出ている戦場カメラマンの渡辺さん?のしゃべりのペースに似ているような感じがするのですが・・・。そんな感じを連想されて、ゆっくり活字を追って行かれると、味わい深く読んでいただけると思います。


それからブログですでにご紹介をしておりますが、塩竈アートウィークス2010の準備が進んでいます。昨日、チラシが出来上がって参りました。ポスターも作られていて、仙台ー塩竈のいたるところにご紹介いただいているそうです。


仙台ー塩竈間は、実は電車でたったの16分になります。(接続が悪いと駅で電車を待っている時間の方が長いような・・そんな感じ。)

塩竈はマグロの水揚高が日本一でお寿司やさんが軒並みなんですよ!

打合わせで伺った際に、会場のエスプ館長の會澤さんからおいしいお寿司やさんがあるのでいかがですか?とご案内いただいたのですが・・・私はまぐろの赤い色が苦手で(食べられますが・・・)失礼してしまいました。お寿司はうにとカッパが大好物です。(カーキと緑!)と申し上げてウニ丼をいただきました!

秋の旅行にぴったりの宮城県塩竈市での中村ハルコ展。うにもまぐろも待っています♪(竜宮城のようですね?)みなさま旅の計画の一つとしてぜひご検討ください。


ということで、2010の後半もすばらしい時間が流れますように!



んで、出だしに戻って合気道の件ですが・・・


技の一つ?に、はねのけないでのみ込む というのがあるそうです。


は  ね  の  け  な  い  で  の  み  こ  む。


今日はめっちゃいい言葉を聞いたなぁーと思って忘れないよう書きとめます。


おやすみなさい!