back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2010年8月アーカイブ

TOKYO ダウンタウン

| トラックバック(0)

IMG_0720.JPG


NYから友人ファミリーが遊びにきたので、上野公園へ遊びに行ってきました。

不忍池の蓮の花が見ごろであるという噂をキャッチ!

それを見てみようということで、ハードロックカフェの前で待ち合わせをして

ジャパン下町ツアーがスタートしました。


日本の暑さはNYよりは軽いとのことですが、今年の日本はめっちゃくちゃ猛暑でっせ~。

ニューヨーカー曰く日本は実にウェットであるそうで、

全くほんとにもうこれが、噴き出す汗を拭いながらのお散歩となり、なかなか体に堪えました。


蓮の池は、噂どおりにものすごく大きく成長した葉っぱと

その間から蓮の花の蕾がゆらゆらとゴージャスに現れ不器用なしぐさで揺れていました。

咲いていたら見事だろうな。きっと・・・溜息でちゃいそう。美しいに違いない。


連れであるNYの少年は、そんな膨大な蓮をみても、なんだかぐったりしていて

まるで興味がなさそうでしたが、Tシャツにはロックバンドの威嚇風イラストが描かれていて・・・

良く見ると真ん中に蓮の花の絵が!

そのイラストと同じ花なんだよ!とお知らせしたところ、OH!という反応。

元気でよろしいです。笑


そのあと、暑さをしのごうと、みよしで宇治金時を食べて、バスに乗って押上のスカイツリー見学へ。


IMG_0742.JPG


現在418メートル。真下でみるのは、初めてでしたがいやぁ〜、あっぱれな立ち姿で見事でした!


しかし、このツリーのおかげをもってジャパンのダウンタウンも様変わりしそうな予感。


完成が楽しみです!


写真情報誌CAPA9月号(8月20日発売、学研)に中村ハルコをご紹介いただきました。

どうぞ、一読ください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あれよあれよと・・8月も後半です。

夏が終わるとあっという間に秋。

そして、9月という声をきくと、なんとなく秋の予感がして涼しい気持ちがしてくるのは私だけでしょうか?


ということで・・・

ちょっと涼しげなイメージの9月号、写真情報誌CAPA最新号(8月20日発売、学研)に中村ハルコをご紹介いただきました。


ハルコさんの青春時代ともいえる中高校生時代からのエピソードもご紹介いただいております。

写真に夢中になったきっかけは、オリンピック体操選手コマネチとの出会いだったんですよ。

TV画面に向かってかっこいい素敵なコマネチを撮りたくてシャッターを切られたんです。

そうするとテレビの走査線がびゃ〜〜っとプリントに現れて・・・それで、これを消したい!と写真館のご主人に相談するわけです。このようにしてトライ&エラーから意欲と技術が向上していったんですよ!


しかし、コマネチのことご存知の方って・・・今昔物語ですね。

というか昭和か?

最近ちょっと気になっているんですけど、すぐに「昭和ですね、それって」っていうヤングが増えているような気がするんですけど昭和のひとくくりってどうなんでしょうー60年も続いたわけですし。

昭和の一桁と50年代って半世紀も開きがあるわけで。ビミョーっていう言葉をここで使うとするのならば、それ自体がカスカスな印象。

全く違うから。


ですが、昭和に限らず、気になった、知りたい出来事はインターネットで大体入手できますね。

リアルな映像はYouTubeでをみればわかるし。

あんまりにもたわいのない興味からはじまったにも関わらず、思わずがっちり壷にはまる映像などに出会ってしまうと、見すぎて寝不足になりますね。

YouTubeのない国に行くのが夢と語った女性に遭遇したことがあるのですが、

これってある意味トレンディ・レディですよね。

トレンディ・レディってめっちゃダサ語で死語ですけど、

これって昭和語?それとも平成病?いやぁ〜全く・・・両方感じられますね。笑



とにかく・・・CAPA、ぜひご覧くださいね!

熱中時代

| トラックバック(0)

IMG_0683.JPG


お盆が過ぎてたいぶ過ごしやすくなって参りましたが、この夏は本当に暑かったですね!

熱中症で搬送される方が多いとニュースにありましたので、

サイト検索をしたところ、7月の全国熱中症救急搬送人数は17860人にもなったそうです。

皆様大丈夫だったでしょうか?


熱中症防止には、お水を飲むと良いとアドバイスがありましたので、

ごくごく飲んではいたのですが、やはり水はちょっと味気ないですね。

そんなこんなの、なんやかんやとかこつけて、先週は暑気払いを促進させました。

昼間は本を読み、夜は泡三昧。

私としては、最高の夏気分です。笑


でも9月の初旬までまだまだ暑いんですよね。

そろそろ、実直にお水摂取に切り替えていかないと。

お腹がたぷたぷになってしまいます・・・爆 


ところで、2010年8月20日(金)発売のカメラ雑誌・月刊『CAPA』 (学研)に

中村ハルコをご紹介いただきます。

http://capacamera.net/capa/


ハルコさん、じわじわ〜メラメラ〜と盛り上がっていくような気がしています。

ライターは写真評論家の鳥原学さん、構成は井本千佳さんです。

発売が楽しみです!



祝 2周年!

| トラックバック(0)

暑中お見舞い申し上げます。


暑さ厳しい毎日ではございますが、皆様熱中症など大丈夫でいらっしゃいますか?

家の外では蝉が狂ったように合唱しております。


NYに住む友人からメールが届きました。

マンハッタン島の4倍もある氷河がグリーンランドから離れて漂流し始めたそうです。本当に自然界が崩壊し始めていますね。どうなっちゃうんでしょう。この暑さ。

「これも人類に与えられた試練っていうか、下り坂の続くこの先の事を思うと暑さで吹き出す汗もひんや?りです。」とありました。

そして、涼を求めて帰省するとありますが・・・ジャパンも暑いぞ!笑


ところで、本日、フォルマーレ・ラ・ルーチェは丸2周年目を迎えました。

踏ん張りどころの3年目に突入します。

未知なる経験も含め、いろいろチャレンジして参りたいと考えております。

水面下でゆっくり進むのろまな亀を思わせる動きではありますが、今年の後半はイベントが目白押しです。


引き続き皆様のご支援ご指導の程、よろしくお願いいたします!


10月13日~24日まで宮城県塩釜市で開催されるアートウィークス塩竈2010の準備が着々に進んでいます。

実行委員長を務められる美術家すがわらじゅんいちさんは、

生前中村ハルコさんと約束されたコラボレーションの準備にはりきって取り組まれています。


すがわらさんは、蓄光塗料という素材に出会いその塗料が放つ不思議な輝きに魅了され、

形にしたいといろいろな実験を繰り返されてきました。

2007年には、蓄光塗料を使った作品第一号を作成。神戸ビエンナーレで入賞されました!



sugawara.jpg


月に照らされたかのような魅惑的な光。それはとても優しい光であると言われます。

その光に包まれるとまるで心の風景に入り込んだかのような不思議な錯覚を・・・引き起こされるそうです。


今回はその塗料をパネル化し、中村ハルコの「月」、「海」の作品を投影しご紹介いただきます。

蓄光パネルは、約10分程度光を当てると8時間は光り続けるという不思議なパネルで、

それはまさに光を形にするというような行為。

フォルマーレ・ラ・ルーチェになりますね!

月の光の具体化をかつてから望まれたすがわらさんのハルコさんへのオマージュです。


いろいろ資料を拝見していくうちに月と海だけでは物足りないかも・・・とも思えてきました。

このパネルが放つ夜光ともいえるような美しさに私も導かれているのかもしれません。



また引き続き様子をお知らせいたします!