back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2010年2月アーカイブ

知らない世界

| トラックバック(0)
知らない街、店、通り、空気、
なじまない人、ふけゆく時間。
新宿ってほんと未知な場所なんですよね。

路地裏にぽつんとあるビルの地下に誠実にがんばってきたマスターを発見して
こだわりって大事だなぁと思いました。

キラキラ

スケートぐるぐる〜

| トラックバック(0)

バンクーバー冬季オリンピックもいよいよ終盤戦。

 

ジャンプにカーリングに、今日も熱戦が繰り広げられました。

そして、明日は.いよいよ女子フィギュアです。

母様がなくなられたカナダの選手もいらっしゃるということですが、

どの選手も力いっぱい、がんばっていただきたいです!

 

ところで、私事で恐縮ですが、幼少期に札幌に住んでいたことがありまして、

当事、冬のスポーツは一通りたしなんだ経験がございます。

近所のお友達がスケートを始めるというので、

親にわがままを言って靴を買ってもらい、札幌冬季オリンピックが開催された

真駒内屋内アリーナに習いに行かせてもらいました。(本格的!)

 

しかしですね。何かが違ったんです。

イメージ・・・というか。

 

毎回、ストップウォッチで詳細にタイムを計られ、

手を振ったり、カーブの交差などを練習させられたんです。

リンクの真ん中では、白いスケート靴を履いた女の子たちが、

8の字を描いたり、前後左右へ華麗な動きを練習しています。

でも、私は外周をひたすらぐるぐる〜回るだけ・・・涙。

 

ようするに、

スピードスケートを習っていたわけですが、爆

そうとも知らず汗ばむ、私。

この試練を乗り越えてこそ、あの白い靴=フィギュアスケートにたどりつけると

信じて疑わなかったあの頃。乙女でした。

 

しかし・・・、スケートはたいへんです。転ぶと痛いし・・・。

刃で氷の上を立つわけです。

そんなことはとっくの承知の上で、跳んだり撥ねたり、

転んでも立ち上がって、鼻水もぬぐって、さっそうと笑顔。

国旗をしょってがんばっている。

本当に強くてステキな選手の皆さん達です。

 

日の丸フラッグをもって、力いっぱい応援します!

悔いのない、すばらしい演技を!

 

がんばってください。

 

ジャパンより


こどものくに

| コメント(2) | トラックバック(0)

中村ハルコさんのオリジナル・プリント「海からの贈り物」19点を20セット限定で
小山登美夫ギャラリーから販売しています。

その作品ボックスを装丁家のA先生にお願いし、私は、ご教示をいただきに昨年より月1ペースで、先生宅のあるこどもの国へ通っています。

こどもの国は、長津田駅から派生するこどもの国線の最終駅に位置するところで(駅名もそのまま)、こどものための夢の国、があるそうです。土・日の昼間ともなると、長津田駅のホームには、その地へ向かうと思われるお子様連れの親御さん、部活動の練習なのか?、ジャージ・ユニホーム姿のまぶしい中学生の皆さんたちでいっぱいに溢れています。
ホームに差し込んでくる陽だまりに、平和で幸せな場所へ向かう・・・期待感のようなものが感じられてきて、妙にほっこり、場の空気になごんでしまう週末の午後の始まりです。


今月に入り、いよいよ本格的に量産したい!ということで、箱合宿を施行していただいて、制作して参りました。「海から?」のイメージで、ブルーを基調にした4色のクロスを用いて、10個の箱が完成!(ここに、現サイトトップでもご紹介しているオリジナル・プリントが納められます。)


box~01.jpg


装丁・本の世界は、奥が深くて、気づきがいっぱいです。
手を動かし、形にする喜びに溢れていますが、1つ1つの工程を慎重に進行させていかなくてはなりません。
今回のボックスは、ハルコさんの作品の最初のとっかかりになる、重要な部分である、と思うと、嬉しく、感動的です。

ところで、こどもの国・・・、下車するだけでなく、ぜひのんびりと訪ねてみたくなりました。絶品のソフトクリームがあるそうですし、牛乳もしぼりたてだそうです。
ようするに!?
牧場があってヤギ、羊、牛、ポニーなどがいて、自由に戯れることができるそうなんです。

近くのケーキ屋さんへお菓子を買いにいったところ、ムーミンのカップに入ったプリン・ア・ラ・モードを発見。
ムーミン・ファンを自称する私としては本当に夢のよう。笑

mumin_01.jpg
             テンションがあがりました。


駅周辺には、これらに限らず、なんとも粋な計らいのあるこだわり店が多く感じられます。

すっかり、こどもの国に・・・魅せられた、大人の ? 私。笑

ステキな箱ができあがって、準備はOK!


春ももうあと少し!がんばろう☆

異色*同源

| トラックバック(0)

今日も寒かったですねー。


ブログですが、寒かったですねーという書き出しによって
自身の温度はちょっと暖まっております、実は。


今日はマジック?を お見せしましょう。

snow.jpg

雪がふりました!





snow_02.jpg

ケーキのクリームでした!


なごみましたか?


では、皆様、お疲れさまでした。

どちらにまわるか

| トラックバック(0)
使う方?
使われる方?

やる方?
やられる方?

刺す方?
刺される方?

楽しむ方?
楽しまさせる方?

喜ぶ方?
喜ばさせる方?

だます方?
だまされる方?

遊ぶ方?
遊ばれる方?

見る方?
見られる方?

いろいろあるなー。

立春!

| トラックバック(0)


今日から暦の上では、春になりました!
旧暦で言うと、元旦です。

のんびりやの私は、古来からの流れをくむこちらの暦の方が
身体的にしっくり、目覚めを覚えます。

動物や昆虫は、冬眠している方々?がほとんどでいらっしゃいます。
そういう部分を反映しているともいえるような 大動物 ? の私は、
2月になって、実は、やっと2010年の幕開けを感じる次第です。

ということも相まって、本日は、愛宕神社へ初詣に行って参りました。
ご存知の方も多いと思いますが、愛宕神社は、商売繁盛の神様でいらっしゃいます。
縁結びの神様ということでも知られておりますけれども、
私は商売繁盛の方でお世話になっております。笑

繁盛祈願はもちろんのこと、元気にがんばりますので、よろしくお願いします!
というような、自己宣言もさせていただきました。
(こういう気合いが実にいい感じです。)
おみくじも大吉!!!
やった〜。

フォルマーレは、小さい会社ですが、出会った方々とのつながりを大切にし、
その年にしかできない可能性を形に、また温めているモノ・コト・価値をキーワードに
創造を感動に変えられるような、そんなエッセンスの数々を、
タイミングを見据えながら、ご紹介していきたいと考えています!

えいえいお〜!

恵方巻

| トラックバック(0)

節分に食べると縁起がよいとされる恵方巻なる巻き寿司を購入しました。


eho~02.jpg

ご存知のように、巻き寿司は基本のりが表面に施されていまして、
中にかんぴょう、きゅうり、卵、かに、えびなどが
ぎゅうぎゅうに詰まっており楽しいのです。

しかし、カリフォルニア・ロールなるものは、
のりや錦糸卵がご飯と反対の立場になっているといいますか、
<の>の字が織り込まれているようなつくりになっておりまして、
表面はご飯であるというような、本当に、色鮮やかで、
職人わざを感じる代物になっていたりするんですよね。
スダレをひっくり返すときに、はっとするんですけど、すばらしいんです。

それはおいといてー。

恵方巻きのこと!
恵方というのはその年の吉方角だそうです。

節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、
願い事を思い浮かべながら太巻きをかぶり!
丸かぶりすると、万事に吉となるとのことなんです。

これがやってみるとなかなか苦しい。
喉がつかえます。お茶欲しい〜というようなことは意味をなさないわけで
一気に食べなくちゃいけない。お腹もいっぱいです。

でもこの苦しさゆえに、願いが叶うのかもしれませんし、
願はかけてみるもの味なもの?だとおもいますので、
今年もやってみることにします。

今年は西南西が恵方だそうです。
すんごい大きな太巻きを買ってきてしまいましたが、大丈夫かなぁ〜。
これを食しながら、
願いことは「5キロダイエット成功!」とかありえないですね。

いやぁ〜、
この落ちは古典ぽいですね。

どうもしんずれいしましたー。

まいった、まいった〜。爆

雪が降りました!

| トラックバック(0)
snow_01.jpg


昨晩は、吹雪きましたね。

私は、永沼敦子さんの写真展のオープニングに、
銀座へ出かけておりましたが、帰りは、雪が舞う中、帰宅しました。
寒かった〜。

交通渋滞、パニックが予想できましたので、
いっそのこと明日は大雪になってしまえ!と祈りました。
その方が、「静止の日」としてストップがかけられます。笑
でも、今朝は、すっかり落ち着いていてよかった。

雪国にはいろいろな対処法がありますが、
都会では、すべるな、ころぶな、気をつけろ!と口頭手段がもっぱらで、
気をつけようもあやふやでたいへんですよね。
そんな中ではありますが、やっぱり、気をつけあって、
スレ違いざまのイライラした人を許してさしあげましょう。笑

ところで、明日は節分です。
節分を待って立春!
いよいよ春の到来です。
私は、ここからが、2010年のスタートだ、として気合が入ります。

「のろまなウサギだが、やるときには一歩がでかい!」をモットニーに、
進んでいきたと思います。


ところで!
永沼敦子さんの写真展ですが、銀座方面へおでかけの際には、
ぜひ、ご高覧ください。
彼女は、2009年より故郷である鹿児島を機軸に、写真を撮られています。

彼女の視線の先にある被写体は、ネイチャーの底力ともいえるような魔力があって新鮮です。
自然の機微が体温の中にジーンと溶け込んでいくような感じの写真。
とにかく、くっきりぱっきりとした視力による、発見力がステキ。
葉脈の輝き、波うつ水面、昆虫の生命力も伝わってきます。

展示空間は、インスタレーションされてて、いろいろ凝った演出が
施されています。プリントもしっかり壁に打ち付けられているのではなく
てろ〜んと壁と床の両方にまたがっているんです。
2005年に中国・ピンヤオのフォトフェスティバルからのお付き合いになりますが
このフェスでご一緒した写真家の皆様たちとの親交が今も続いており、とても温かいんですよ。

12日には、写真家 小林紀晴さんとのトークショーも企画されているそうです。
お出かけください。

atsuko_2.jpg
                       いつも笑顔がステキな永沼さんです!

永沼敦子写真展「目くばせ」

会期:2010年2月1日(月)〜 18日(木)12時〜19時(水曜20時半まで)日曜・祝日休館
場所:ガーディアン・ガーデン  入場無料
http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_sec_ph_201002/gg_sec_ph_201002.html

トークショー:2月12日(金) 19時〜20時半
小林紀晴(写真家) 永沼敦子
入場無料 要予約(TEL 03-5568-8818)