back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

2009年10月アーカイブ


IMG_0309.JPGのサムネール画像
そうでした!
中村ハルコさんの大阪での展覧会風景をご紹介していませんでした。

搬入時は、ビジュアルアーツ写真学科の松本さんをはじめ、学生の皆様方に手伝っていただいて楽しく作業を進行させました。


IMG_0294.JPG
辻井さん、高さ番長、幸さん、山中さんです。

中でも額縁の高さにこだわられる自称「高さ番長さん」なる方も出現されて(太田さんですね)新鮮でした。


IMG_0307.JPG

「光の音」と「海からの贈り物」の配分がとても絶妙な、すばらしい展示会場になってキラキラしています。

IMG_0302.JPG
ぜひお出かけください!

だめだめだけどさー

| トラックバック(0)
今日のフォルマーレのかがやきはちょっと曇りぎみです。
でもそんな日もあるよねって、気を勝手にとりなおしています。
明日起きたら、いつもの倍くらい元気になってまたがんばるさ。

んだんだ。


秋深まる昨今です。
もうすぐ11月にもなるというのに、
今年はなんだかとても暖かい気がしてならないのですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

フォルマーレのトップページ、ご覧いただけましたか?
中村ハルコさんの「光の音」の作品から、写真の入れ替えを行いました。

秋らしい風景の中に首を傾げる少女の写真から始まって、
猫と月の写真へと流れていきます。
何かが始まりそうな・・・、時間の経過を匂わせる構成ですが、
ちょっとミステリアスな空気が流れているように感じてきませんか?

秋は、芸術の秋、創作の秋ともいわれておりますから、
いつもよりちょっと夜更かしをして
いろんな思索にふけってみても良いかもしれないですね。

ところで、今月31日(土)17時〜19時、
大阪ビジュアルアーツ内アーツギャラリーで
「中村ハルコを語る」と題したトークショーを飯沢耕太郎さんにお願いし開催いたします。

飯沢さんとハルコさんは、共に仙台がご出身で、
タンザニアを共通項に、スワヒリ語教室でご一緒だったこともあるそうです。
たくさんの写真家を発掘し、育て、勇気と元気を与えてくださっている飯沢さんによる講演会です。

ハルコさんの作品はスライドショーでご覧いただきながら順次紹介し、
作品についてお話を伺って参ります。

入場無料。どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお出かけください。





ビジュアルアーツ・大阪での中村ハルコ写真展がいよいよスタートしました。

10/10(土)ー11/7(土)までになっております。
 
大阪及びその近郊にお住まいの皆様、大阪にお出かけの際にはぜひ、
お立ち寄りください。

会場が変わり、名古屋に続いて大阪の展示も作品の見え方が違っています。
なんというかー、
ハルコさんが来てしまったような、そんなマジックを感じる温かい夕焼け色の展示になりました。

イタリアのトスカーナ地方は想像する中では朝と夕方の時間が実に長い国のように
感じています。
きっと日中は、誰でもが生きるための作業をする時間で、
ハルコさんは、写真家だから自らの存在理由を探すべく、生きるために見てみたかった朝と夕焼けの時間を惜しみなくかけずり回ったのかもしれません。
そして、その・・・等しいようで異なるように見えてくる(赤の色)といいますが、
それがはっきりとわかるような展示になっていると感じます。

同じ太陽に照らされながらも、身近な景色の色合いの変化を
これでもかこれでもかと撮り続けたくなるのが写真家の性なのかもしれません。
それはペインターが色を調合するのと同じような行為。
それがシャッターを切るという行為に変わっている・・。

そんな気がする、中村ハルコ写真展の開幕です。

どうぞご高覧ください。


10/31(土)中村ハルコ写真についてを語る
飯沢耕太郎氏によるトークショーを開催します。
 
こちらの方もどうぞお越し下さい!





IMG_0918.JPG

中村ハルコ写真展「pure and simple」アーツギャラリー・名古屋展を無事に

終了いたしました。

名古屋はもちろん、遠方よりご来場いただきました皆様ありがとございます。


芳名帳に温かいコメントが書き添えられており、とっても感激いたしました。

(ハルコさんも喜んでおられると思います!)

ビジュアルアーツ1年生の皆様も感想を書いてくださってとっても嬉しかったで

す。皆さん、これから益々、すばらしい写真をシューティング!するですよ。

 

それから、搬入搬出をお手伝いいただきましたマキちゃん、トミー、マイケル、

そしてメガネのお伊勢さん、名前を伺わず失礼してしまった皆様、ありがとうご

ざいました。ヤングパワー(ヤングは死語ですね!)をたくさん頂きました!☆

☆☆中川先生、澤尾先生、戸塚先生、開催に際し、たくさんのご協力を本当にありが

とうございます。

中部ぴあをはじめ、ご紹介いただきましたメディア関係者の皆様、ご尽力ありが

とうございます!

ハルコさんのご友人であられる鈴木弘子さん、ご来場&ご案内をありがとうござ

いました。


IMG_0928.JPG

 

搬出を終えて、通りに出ると・・名古屋タワーが視界に入ってきました。

東京タワーとはまた違った見え方で、黄金色に輝いています。

さすがー、名古屋!!

今回はお昼にひつまぶしを食べて、名古屋を満喫しての作業になりましたので

いつになく動きがうなぎっぽかったかもしれません。

どんな動きじゃろ????。笑

(ひつまぶしは、普通のうなぎよりもよく焼かれており香ばしい印象です。)



 

名古屋展搬出の際、本日より写真展を開催される木村先生の作品を拝見しました。

奥様の妊娠&出産を記録された作品です。

お子さんが宿り、喜びと不安と未知なる体験に戸惑われる奥様の表情が、時間の

経過と共に安らかで穏やかな少女のような表情に変わっていきます。

それがなんとも美しい。

神様に守られているようなやわらかい光と清々しいクリアな空気感が作品にしっ

かりと捕らえられていて会場全体がたっぷりと幸福感に満たされています。

猫と奥様のヌードVSヌード。すごくよかったなぁー。

名古屋の皆様方、ぜひ、引き続きご高覧ください

ハナレグミのコンサートに行ってきました。

 

中村ハルコさんの作品「光の音」にインスパイアされて制作されたという「光と影」を含んだニューアルバム「あいのわ」の全国ツアーです。

ユニークなグリーン&ピンクのファッショナブルなパンツルックで元気よく登場された永積さん。うっとりするような優しく甘くパワフルなヴォーカルとは対照的に笑いのツボをしっかりと押さえるMCがとってもユニーク。ハートある温かいトークは曲の合間になごみのひとときを与え実にそのお人柄が象徴されています。

 

いよいよ「光と影」か?・・・。そう思ったときに、ハナレグミとしてスタートを切ることになった最初として次にどうするか・・・、と思案されていたときのお話をされました。そんなときに「これなんじゃない?」というような出会いを中村ハルコさんの作品としたとお話されました。私としては、本当に感激で光栄で鳥肌が立った瞬間です!

写真集から新しい繋がりが生まれ、まさに創造の輪が一気に広がった感じです。

 

観客の皆様は、リラックスして始終ゆらゆらと音楽になびいています。そして、会場内に仄かに照らされる照明により、お客さまの頬は金色につやつやに光輝いておられます。ゆったりとき放たれた空間。非常に心地よい時間の共有。んー。すごいなぁー、音楽って。すばらしい「光と影」。みなさん、ぜひハナレグミの「光と影」聴きながら「光の音」を再度、ご高覧ください。また違った感動がぐっと広がります。

 

永積さん、すばらしい時間を、どうもありがとうございました!