back to Toppage

フォルマーレ・ラ・ルーチェブログ

ブログトップページに戻る

山の日

| トラックバック(0)
imageB-1.JPG
本日、8月11日は山の日ですね。

美しい磐梯山を背景に福島・猪苗代湖で開催された「オハラ☆ブレイク2016」、
搬出した荷物も無事に届き、終了しました。

今年は、中村ハルコ「魚を売るイネさん82歳」を上映しました。
野外展示は、電気・電子機器類の取扱いがやっぱり難しく、
都内で容易に行えた作業(事前準備)も、なんだかうまくいかずにトラブルが続出。
メディアを再生するだけなのに、なんとも困難で、
現場スタッフの方々に助けていただいて、ようやく形になりました。

昨年お目にかかった野外での展示制作をされる作家のみなさんに再会しました。
美しい猪苗代湖のなせるわざなのか、キラキラと輝くお顔の数々を拝見できました。
挨拶を交わすとすぐに打ち解ける・・朗らかな時間です。

さて、「魚を売るイネさん82歳」ですが・・・、
「よかったよー」、「感動したよー」、「うちの母さんにだぶって、号泣しちゃったよー」と
たくさんの感想をいただきました。
ハルコさんの新しい一面をまた作品を通してご紹介できたように思います。

お世話になりました、スタッフ、ボランティアの皆様、そしてハルコさんを応援してくださる皆様、ありがとうございました。

オハラ☆ブレイクの更なるご発展をお祈りします。
image2.JPG

「オハラ☆ブレイク2016」がスタートしました。
昨年に引き続き、会場となる猪苗代湖天神浜キャンプ場、小さなロッジの美術館エリアで
中村ハルコ作品をご紹介しています。

今年は、平成4年に撮影された作品、「魚を売るイネさん82歳」をスライドショーに仕立ててご紹介します。
魚の行商で生活を営まれていた小樽の勝見イネさん。そのご自宅で寝食を共にしながら、中村はカメラでその姿を捕らえ、
言葉を拾い、形にしました。
厳しい小樽の冬、人が寝静まる早朝からスタートするこのハードな仕事に
お客さん、お得意さんの方々の顔を思い浮かべながらイネさんは懸命に魚の行商を行いました。

ご紹介するロッジの入り口に、装飾を施しましたが、まるで本当に魚が売られているような。
小さなお店ののれんのような気がするとたくさんの方々に言われました。

image1.JPG

緑多き福島、猪苗代湖の背景には雄大な磐梯山がどっしろと構え、壮大な景観です。
その中で開催されるオハラ☆ブレイク2016は、展示コーナーはもちろん、野外ステージにおいては
ミュージシャンの方々の演奏やライブパフォーマンスが繰り広げられます。
8月7日(日)まで。9日間の大人の文化祭に足を運んでみられたらいかがでしょうか?

IMG_2998.JPG

ブログ再開

| トラックバック(0)
季節も巡り巡って、時間が経ちました。
いろいろまた整理してアップしていこうと思っております!
よろしくお願いします。

写真家によるスライドショーとポートフォリオレビューのイベントを日本写真芸術専門学校で開催します。スライドショーはどなたでも自由にご高覧頂けます。ポートフォリオレビューご希望の方は事前申込みが必要です。どちらも入場無料です。お気軽にご参加ください!


■日 付:2014年9月27日(土)日本写真芸術専門学校9階講堂
■時 間
◎第一部 写真家のスライドショー/13:00?15:00
       写真家の作品をスライドショーで上映します。

写真家:赤鹿麻耶、伊賀美和子、植田正治、おおば英ゆき、富谷昌子、中村ハルコ、西郡友典、馬場智行、守田衣利、村越としや、山内悠
*伊賀美和子、植田正治、中村ハルコ、守田衣利、山内悠は
スライドショーのみの参加で当日会場には来場しません。

◎第二部 ポートフォリオレビュー/15:30?17:00
あなたの作品を公開レビューします。レビュー参加者以外もその様子を見学することができます。


スライドショー参加写真家紹介

◎赤鹿 麻耶(Maya Akashika)
大阪府生まれ。
2008年、関西大学中国語中国文学科卒業後、2010年、ビジュアルアーツ大阪写真学科夜間部卒業。
2011年、キヤノン写真新世紀グランプリ受賞。
2012年、「VisualArtsPhotoAward2012」の大賞を受賞し、
写真集『風を食べる』(赤々舎)を出版。 
http://akashikamaya.com/#/home


1_akashikaHP.jpg

作品タイトル「 Let's try! 」



◎伊賀 美和子(Miwako Iga)
東京生まれ、1999年 写真新世紀優秀賞受賞

2000年「A STORM IN THE LIFE ―台風一家―」(セゾンアートプログラムギャラリー、東京)
2003年「テンペスト・イン・ティーポット」(小出由紀子事務所、東京)
2007年「Madame Cucumber」(ベイスギャラリー、東京)
    「Madame Cucumber」(イヒョン・ソウル・ギャラリー、ソウル)

2010年「悲しき玩具 ? The Open Secret」(ベイスギャラリー、東京)

グループ展 
2012年 photo Espana (スペイン マドリッド)


2_igaHP.jpg

作品タイトル「from a View to a Kill」(2014)



◎植田正治(Shoji Ueda)

(1913-2000)日本を代表する写真家の一人。故郷である山陰地方を生涯の拠点としたことで知られ、平面的に人物を配置した独特な演出写真で絶大な人気を誇る。昨年生誕100周年を迎えた。

u_041.jpg

作品タイトル「写真とボク」より



◎おおば 英ゆき(Hideyuki Ohba)
北海道生まれ。1985年 千葉大学工学部画像工学科卒業。
2004年 京都造形芸術大学通信教育部情報デザイン卒業。
「チョコレート・ドリームス」:京都造形芸術大学学長賞受賞(2004年)、
写真新世紀2004年度[第27回公募]優秀賞受賞(南條史生選)、
In WARSAW INPRINT2008、[GRAPHIC ARTS TRIENNIAL] 入選(2008年)
岡本太郎現代芸術賞入選(2010年)、国際ピースアートコンテスト入選(2011年)。
http://www.hideyukiohba.com/


3_ohbaHP.jpg

作品タイトル「 Chocolate Dreams 」



◎富谷 昌子(Masako Tomiya)
1981 青森県生まれ
2003 大阪藝術大学写真学科 卒業
2005 東京綜合写真専門学校研究科 卒業
個展
2012 「キョウハ ヒモ ヨシ」ツァイト・フォト・サロン (東京)
2010 「みちくさ」 ツァイト・フォト・サロン (東京)

グループ展

2012 「Portraits」日本橋高島屋美術画廊X (東京)
2012  ツアイト・フォト・コレクション展「バカンスの前に」ツアイト・フォト・サロン(東京)
http://masakotomiya.com/


P21.jpeg

作品タイトル「津軽」



◎中村 ハルコ(Haruko Nakamura)
(1962?2005)
1985年 日本大学芸術学部写真学科修了
2000年 写真新世紀優秀賞受賞、「写真新世紀展2000」において年間グランプリ受賞
2000年 宮城県芸術選奨芸術選奨新人賞受賞
2008年「光の音-pure and shimple」(フォルマーレ・ラ・ルーチェ)出版
2010年「日本の新進作家展vol.9 ーかがやきの瞬間展」(東京都写真美術館)に参加

4_nakamuraHP.jpg

作品タイトル「光の音」



◎西郡 友典(Tomonori Nishigori)
写真家 福島県いわき市生まれ。東京在住。
第23回キヤノン写真新世紀 優秀賞(荒木経惟選)
写真集「途切れ時間の夢」(青幻舎)2003
写真集「青い空の日に」(パイ インターナショナル/ピエ ブックス)2012
http://tomonorinishigori.com/


9_nishigoriHP.jpg

作品タイトル「青い空の日に」



◎守田 衣利(Eri Morita)
熊本県生まれ
フェリス女学院大学卒業後、出版社、作家アシスタントを経て、ニューヨークへ移住
1997年国際写真センター、ジェネラルスタディース修了
1998年写真新世紀ホンマタカシ優秀賞受賞
1999年から撮り続けている『ホームドラマ』シリーズが、2005年に写真集として出版された。
国内外にて個展、グループ展、スライドショーに参加している
現在カリフォルニア州サンディエゴ在住
http://www.erimorita.com/


8_moritaHP.jpg

作品タイトル「月に群雲、花に風



◎馬場 智行(Tomoyuki Baba)
1981年 和歌山県生まれ

2003年 天理大学文学部歴史文化学科考古学専攻卒業

2011年 日本写真芸術専門学校写真科1部3年制フォトアートコース卒業

グループ展
2012年 Elemets of light それぞれの光ーPart2『存在ーそこにある場所ー』若手写真家4人展(ナグネ)
2010年 GAW展7「路地から路地へ in 西脇」

個展

2011年 Acryl(ニコンサロン)


5_baba2HP.jpg

作品タイトル「 Acryl 」



◎村越 としや(Toshiya Murakoshi)
1980年 福島県生まれ
2003年 日本写真芸術専門学校卒業
2009年 東京・清澄白河に自主ギャラリー「TAP」を設立
2011年 日本写真協会賞新人賞受賞。個展やグループ展を多数開催
9/20ー11/3まで武蔵野市立吉祥寺美術館にて写真展「火の粉は風に舞い上がる」を開催
http://tapgallery.jp/


6_murakoshiHP.jpg

作品タイトル「火の粉は風に舞い上がる」



◎山内 悠(Yu Yamauchi)

1977年 兵庫県生まれ。独学で写真を始める。
スタジオアシスタントを経て、2004 年より本格的に作品制作を続ける。

2010年、写真集「夜明け」(赤々舎)を刊行。以後、国内外各地で展覧会を続ける
2014年書籍「雲の上に住む人」(静山社)を刊行。
http://www.yuyamauchi.com/


7_yamauchiHP.jpg

作品タイトル「雲の上に住む人」










ぐつぐつおでん

| トラックバック(0)

中村ハルコ写真展「光の音」本日、終了いたしました。ご来場いただいた皆様ありがとうございます。SENDAI KOFFEE CO.のオーナー田村さんをはじめ、お世話になったマギーさん、レーコさん、ケートさん、お力添えをたくさん頂戴し、無事終了できましたことをここに深く御礼申し上げます。ありがとうございました。そして、仙台で再会できたことは本当にうれしいことでした。搬入の日に囲んだあったか〜い三平のおでんが忘れられません!(寒かったっっっ)

sanpei.jpg

おいしかったですね!


振り返ってみると、上半期のハルコさんは西へ東へと楽しい時間が流れました。
あべのまの静香さんとは、会ったその日になぜかしら二人で涙ぐんで白い空間に浮かぶハルコさんを見つめ合いながら、もじゃもじゃ(もじもじ?まじまじか??)とお話ししました。写真集を見つけていただいてご自身のギャラリーオープンにご紹介したいといわれるなんて。言葉になりません。

SENDAI KOFFEE CO.では、地元、仙台にいらっしゃるたくさんのハルコさんのファンの方々に思いを寄せていただきました。生きているってすばらしい!死んでもいてもすばらしい!と思ってみたりしてしまいました。

ダニエルさんの6年ぶりの仙台ライブも、すっかりお兄さんになられていて頼もしかったですし、ファンの方でメディアテークでの出版記念、そして「かがやき」のお披露目に来られた方もいらっしゃって、その日のことをよく覚えていてくださって、嬉しい感想も頂戴しました。

また、下館さんのトークの日には、モダーンといえる新しいご夫婦の生き方が素直にまっすぐと伝わってきて。認め合う2人だったんだなぁと・・・ステキに思いました。

ということで、感激マックスな日々が続きましたが、またまたここで、しっかりと締め直し、マイペースにやっていきたいと考えています。

いただいたありがたいご意見やご感想、それらと共に、中村ハルコさんのプロデュースは自分の見るビジョンとも重ね合わせていきながら、とにかく作品を成長させていきたいと考えています。

微力な活動になりますが、今後とも温かい目で応援いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、ありがとうございました!


2014年6月1日(日)。中村ハルコ写真展関連イベント、下館和巳さんによるギャラリートークを開催しました。

昨日は本当にさわやかで気持ちのよい日曜日でしたね。

仙台は緑いっぱいの初夏の陽気でした。

緑のグリーンベルトをのんびり寄り道しながら歩いていると、心が浄化されるようで、穏やかで晴れやかな気持ちになってきました。そんな感じで朝の新鮮な空気を吸いながら、SENDAI KOFFEEへ伺いました。


IMG_26681.JPG


ハルコさんの古くからのご友人、そして知人の方、また写真集を見つけられファンになられた方などたくさんの方にお集りいただきました。

大阪のあべのまへもお出かけくださったお客様もいらっしゃって、感激でした。


光溢れる窓際に座られた下館さんのお話は、展示空間に張り巡らされた「光の音」、その舞台となったイタリア・トスカーナから始まりました。朝早くから夕方まで1日中カメラを持って飛び回り帰ってこないというお話はなんともハルコさんらしいといいますか、たくましい姿です。


写真家としての中村ハルコさんは想像するするだけでもエネルギーに満ちあふれた女性です。

世界中を旅して駆け巡り、発見、冒険、探検、挑戦を繰り返していらっしゃったのだと思いました。いやぁー、羨ましいなぁ。笑


そして、お話は、アフリカ、家族、「海からの贈り物」の制作秘話にまで及びました。ご友人からの懐かしいエピソードも飛び交いアットホームで懐かしく楽しいギャラリートークとなりました。

束の間ではありましたが、まるでそこにハルコさんがいらっしゃるかのような温もりを感じる、光に包まれた優しい空間が広がりました。

ご来場いただいた皆様、そして下館さんどうもありがとうございました。


写真展は、残すところあと1日。


IMG_26832.jpg


ポストカードも好評のようです。


おいしいコーヒーにシナモンロール、マフィンも最高のSENDAI KOFFEEへ

皆様どうぞお出かけ下さいね。



201405311.JPG


大阪・天王寺「あべのま」にて開催中の「海からの贈り物」展が本日最終日となりました。

ご自分たちの手で長屋の一軒を1年をかけて改装され新しく誕生したギャラリー「あべのま」。

地元の皆様にたくさんご来場いただいたそうで、たいへん嬉しく思っています。

オープニングには名古屋から駆けつけてくださった方もいらっしゃいました。

そして写真家の澤田知子さんも駆けつけてくさって・・。

ハルコさんが生きていらっしゃったらどんなに喜ばれただろうかと思いました。


201405312.JPG


本日の開館時間は、13ー20時となります。

海から贈られたその贈りものとは一体なんだったのでしょう??

ゆっくり時間をかけて作品をご覧ください。

女性特有の生命体の変化、新しい命が宿る、母となる歓びなど、写真と対面しながらその瞬間を共に味わっていただけたらと思います。


そういえば!

| トラックバック(0)

今回のSENDAI KOFFEE での写真展に合わせて、「光の音」ポストカードを制作しました。
「ハルコさんの作品でお手紙書きたいんです。」と言われましたマギーさんのリクエストにお応えしました。期待を裏切らない仕事をするのがフォルマーレ・ラ・ルーチェです。(なーんちゃって。笑)

出来立てホヤホヤで仙台へ持って行きましたので、今わたくしの手元にはないのですが、仙台の皆様ぜひ写真展のお帰りに、記念品としてお買い求めいただけたらと思います。
そして、思い出深い懐かしい方や愛する大好きな方々へメッセージを送られてみてはいかがでしょうか。
あまり堅苦しくなく、また、暑苦しい内容ではなく、さらっとですね、ご機嫌麗しく〜というような内容だと凛々しいですね。

そうそう、それこそが、光の音のような微細な響きになるに違いありません。みなさまのハート、小さな鼓動をお届けいただけたらと思います。

ということで、6枚入り1000円(税込)で販売中です!

IMG_0428_1.jpg

2014年5月25日、18時半からスタートした「かがやきライブ」。ご来場いただいた皆様どうもありがとうございました。
ダニエル・コフリンさんによるアコースティックギターの生演奏、お楽しみいただけましたでしょうか?福島出身のダニエルさんは、現在、東京を起点にヘブンアーティストとして活動を広げていらっしゃいます。
河北新報に掲載された今回の写真展の記事を握りしめ「5年前に上野で演奏を聴いた以来になるんですよ」とご予約をいただいた方もいらっしゃいました。また遠路はるばる京都、東京、福島からたくさんの方々に足をお運びいただきました。

活躍の場をさらに広げられ、人々の心に勇気や安らぎそして癒しなど、アコースティックギター1本の様々な音色で、さらなる感動を巻き起こしていただけたらと思います!ダニエルさん、ありがとうございました。


今週1日(日)は、下館和巳さんのギャラリートークになります。11時半からスタートします。
ハルコさんとのイタリア・トスカーナでの思い出や「海からの贈り物」の撮影秘話などもお話いただく予定です。そして来年は手記の発表も予定されているとのこと。ハルコさんとの巡り会い、その辺りについても詳しくお話をお伺いしたいと考えております。


写真展は3日までになります。カフェ空間でのゆったりした時間を中村ハルコ写真と一緒にお楽しみください!


6.JPG


5月23日は中村ハルコさんのお誕生日です。

これに合わせて有志が集い、SENDAI KOFFEEにて写真展を開催します。

オーナーの田村さんはハルコさんの大ファンでいらっしゃいます。

また音楽をこよなく愛し、年間50本もライブを開催するなど

精力的に音楽の地場を固めていらっしゃいます。

そして音楽通の間では、知られざるライブスポットであるとのこと。

それをうかがって、25日に、ダニエル・コフリンさんによる「かがやきライブ」を企画しました。


ダニエルさんとの仙台でのコラボレーションは、2008年のせんだいメディアテークでの「光の音」出版記念イベント以来約6年ぶりとなります。

写真集に作曲いただいたダニエルさんの「かがやき」。躍動感溢れるファンタスティックな楽曲です。今回は「かがやきライブ」と称しましてリスト構成をお願いしました。

スライド上映はありませんが、写真空間の中で演奏いただきます。

風がすーっと通り抜けるような気持ちのよい曲、そして能の世界からイメージした和を極めるようなあの曲、そしてもちろんかがやき続けるであろうこの曲まできっとたくさん織り交ぜて演奏してくださるに違いありません。

25日(日)18時半からの開演です。


また6月1日には、下館和巳さんのギャラリートークを開催します。

下館さんの妻、3人の娘たちの母、そして写真家として生きたハルコさんの素顔、そしてその巡り会いについてお話いただきます。


みなさまのお越しをお待ちしています。



会期:5月23日(金)-6月3日(火)

営業時間:平日12:00-20:00、土日 13:00-20:00

会場:SENDAI KOFFEE CO. (せんだいコーヒー)

〒980-0821 仙台市青葉区春日町4-25 パストラルハイム春日町1F

TEL: 022-224-7403

http://purple.ap.teacup.com/sendaikoffeeco/

 

関連イベント 
ダニエル・コフリン かがやきライブ
「アコースティックギター写真と奏でる」
5月25日(日)18時開場 18時半スタート
入場料:予約 3000円/当日 3500円(1ドリンク付き)

下館和巳ギャラリー・トーク
「巡り合い 写真家中村ハルコを語る」
6月1日(日)11時開場 11時半スタート
入場料 前売/当日 1500円(1ドリンク付き)

お申し込み
ご希望の関連イベント、お名前、住所、電話番号、メールアドレス、
参加人数を明記の上、下記アドレスまでお知らせください。
info@meguminishimagi.com 担当:西間木(ニシマギ)

写真展に関するお問い合わせ
フォルマーレ・ラ・ルーチェ 
info@formarelaluce.jp

アイテム

  • imageB-1.JPG
  • IMG_2998.JPG
  • image1.JPG
  • image2.JPG
  • 7_yamauchiHP.jpg
  • 6_murakoshiHP.jpg
  • 5_baba2HP.jpg
  • 8_moritaHP.jpg
  • 9_nishigoriHP.jpg
  • 4_nakamuraHP.jpg

カテゴリ